作業者

リフォームの流れ

リフォーム

希望を業者に伝える

京都でリフォームを行うときに工務店を利用する事で、住宅メーカーや設計事務所よりも工事の融通が利きます。京都の工務店に依頼してリフォームを行うときの流れとしては、業者に現在暮らしている住宅の悩みを相談する事から始めます。水周りの設備や住宅の断熱性、生活スタイルやバリアフリーへの対応など、自分の希望を全て業者に伝えます。業者への相談が終わったら、業者は要望に沿って住宅の構造や環境などの現状を調査します。調査が終わったら要望や予算に合わせて、京都の工務店はプランや見積書を作成してきます。プランや見積書の作成までは、京都の工務店は無料で行っている事が多いため、気軽に依頼しましょう。打ち合わせをしてプランと見積もりに納得できたら、工務店と契約を結び工事を始める準備をします。工務店によるリフォームでは期間が長くなる事は少ないですが、仮住まいが必要な場合には住む場所を確保します。またリフォームで工事を行う部屋の家電や家具などは、他の部屋へ移動して工事の邪魔にならないように対処しておきます。工事を始めるときには京都の工務店は、ご近所へ挨拶と工事のお知らせを行います。リフォームの工事は計画に沿って進められるため、工務店に工事の計画を確認しておくと安心です。工事が終わったら計画通りに施工が行われているかチェックし、設備や建具などの取り扱いの説明を受けます。問題がなければ引渡しになり、リフォームの費用を支払い保証書を受け取ります。